ネクタイの取り入れ方

ご自身に似合うネクタイの巻き方、スタイルアップさせる見せ方についてご紹介します。

基本的な4種類の巻き方、

【ネクタイの巻き方】

❶プレーン・ノット

結び目がとても小さく細く作られている最もシンプルで簡単な結び方です。ニットタイや毛織物など厚地のネクタイに適しています。

❷セミウィンザー・ノット

結び目が正三角に近く大きさも手頃で、幅広く活用できる結び方です。ややきつめに締めると個性が出る結び方になります。

❸ウィンザー・ノット

結び目がやや大きめの逆三角形で、ワイドカラーシャツやツィードのジャケットに良く似合う結び方です。体型がたくましい方におススメします。

❹ダブル・ノット

結び目が二重になるためプレーン・ノットよりもボリューム感があり、どんなタイプにも合わせやすく人気がある結び方です。

ネクタイひとつにしても、このように様々な巻き方があります。

装いは1~2センチずれたりしただけで見た目が大きく変わってしまうので、体つきとネクタイの幅のバランスがポイントになります。

図を見てわかるように「大検」と呼ばれる部分が、特に意識して考えなければならないところです。正面から見るだけではなく、「横から見た膨らみ」も意識してください。

体系別にスタイルアップさせるネクタイの結び方について

◆大柄な方

❸ウィンザー・ノット

大剣の長さ: 9センチ~

※横幅の対比に注意してください。

同じ間隔でも右のほうがスッキリします。

結び目が大きめで大剣も太めの物、ワイドカラーなどのワイシャツを合わせた重厚感と横から見たときに襟やネクタイの結び目が前に出ているような立体感がポイントです。

◆痩せている方

❷セミウィンザー・ノット

大剣の長さ:7.5センチ

※大剣は細いもので、首元はある程度の幅を出し、肩幅と襟の厚みで構築感を出すようにしてください。

襟とネクタイの結び目で厚みを加えるイメージです。厚めの素材や折り柄のものを取り入れると体型をカバーできます。

◆平均的な身長体重の方

❹ダブル・ノット

❷セミウィンザー・ノット

大剣の長さ:7.5センチ未満

※ダブルノットは個性的な結び方で、プレーンノットもよりやや厚めになります。

セミウィンザーノットはある程度厚めの結び方です。

あえてダブルノットを薄い素材のもので取り入れることで、「はずし」になったり、同系色のポケットチーフを取り入れることで素材感を「はずし」てみたりと、ポイントを作って楽しんでください。

似合うものが多い体型の方ですが、その反面、無難に似合っていることが当たり前だと思われてしまうのこと多々あります。スタイリングにアクセントを加えることで個性を表現できますのでご参考になさってください。

◆小柄な方

❹ダブル・ノット

❶プレーンノット

大剣の長さ:7.5センチ

※相手から見た目線のポイントを高くするのがダブルノットです。

前方に見える結び方を心がけて、構築性と立体感をポイントにすると相手から受ける目線が高くなり身長が高く見えます。

注意することは、Vゾーンのネクタイの結び目と襟の形で首が詰まって見えるようにならないこと。首がないとこじんまり見えてしまいます。

全体のメリハリを意識してポイントを高くしてあげるとスタイルアップにつながります。

ネクタイの結び方でしたがいかがでしたでしょうか??

結び目1つでも印象は変わってしまいますが、それがファッションのおもしろさであり、むずかしさです。スタイルアップを1つのポイントとしてファッションを楽しめるきっかけになれば幸いです。

記事の執筆者

武藤 和也

Kazuya Muto

パーソナルスタイリスト匠

某アパレルショップにて個人売り上げ全国トップののちに、パーソナルスタイリストの資格を持ったプロ集団、ファッションレスキューに所属。
総数1000人を超えるスタイリングを行い新宿高島屋常駐や数々の映像企画のスタイリング経験を持つ。
現在は現場にも立ちながら、大学、専門学校の教壇に立ち、スタイリストの育成も行っている。20代~50代の今の時世や流行をふまえた、その世代その人となりの品格を活かすスタイリングを提案する。
>>プロフィール詳細

Profile Picture