成人の日おめでとう!

新成人の振袖姿、
可愛らしかったですね。
とある報道番組で、
「荒れる成人式から魅せる成人式へ」
というテロップが流れていました。
個々の個性を表現して良い思い出にしようとする姿は、洋服の仕事をしているものとしてとても嬉しく思いました。


以前、お客様から、
「武藤さんは成人式になにを着ていかれたのですか??」
と聞かれたことがあります。
紋付き、派手なスーツ、仕事が忙しくて行けなかったなどなど、
いろんな解答がありましたが、
ぼくは、他界した父親のスーツを着て参加しました。
サイズ感はダボダボ、、
一昔前のデザイン、
当時は流行らなかった3ピース、、
かっこ悪いな~と思いながら参加したのですが、
結果、母親が一番喜んでくれました。

早くにいなくなった父親には恩返しをできなかったので、せめて感謝の気持ちを込めたことが、
母親は嬉しかったんでしょうね。
でも画像はシラフではちょっと見せられないですが。。。笑笑
衣装を魅せてくれた新成人の方々、
かたちはどうあれ、ファッションを通して良い思い出を作り上げることはとてもすばらしいことだと思います。

装いから思いを伝える、
恩返しの良い機会になりました。(^_^)

あらためまして、
成人の日おめでとうございます!

記事の執筆者

武藤 和也

Kazuya Muto

パーソナルスタイリスト匠

某アパレルショップにて個人売り上げ全国トップののちに、パーソナルスタイリストの資格を持ったプロ集団、ファッションレスキューに所属。
総数2000人を超えるスタイリングを行い新宿高島屋常駐や数々の映像企画のスタイリング経験を持つ。
現在は現場にも立ちながら、大学、専門学校の教壇に立ち、スタイリストの育成も行っている。20代~50代の今の時世や流行をふまえた、その世代その人となりの品格を活かすスタイリングを提案する。
>>プロフィール詳細

Profile Picture