洋服は自分の価値を上げてくれるもの

洋服は自分の価値を上げてくれるもの。
今回のショッピングアテンドのお客さまは企業向け漫画クリエイターの方。
クリエイターさんの商談用勝負服です。
人が良いのか、引っ込み思案なのか、仕事量と対価の一致がしていないとのこと。
次のステージへ行くにはどうするか?を装いを通して表現したいということでした。

クリエイターの世界はある意味「言い値」の世界。
第一印象で自分の価値を上げる演出のし方が対価を上げていくことに大切な要素でありそれ相当のブランディングが必要です。

どうでもよい装いをしていけば、どうでもいい関係になり、結果どうでもよい対価や価値になり、それまでで終わる。
ですが、
それ相当の装いの演出ができれば、それ相当の関係から信頼が生まれ期待値もあがる。結果それ相当対価や価値になり次につながっていく。

外見力が大切になること。
自分の価値を上げてくれる洋服をテーマにご提案させていただきました。

パーソナルスタイリングの印象構築とは自分の価値を上げてくれるもの。
装いを通して良い人間関係と未来に導びいてくれるものです。

このご縁が良いほうへ向かう架け橋になることを願っています。
ありがとうございました。


パーソナルスタイリスト匠 武藤和也
お土産までいただきありがとうございました。美味しかったです!(^_^)

ビフォーアフターについては→こちら

記事の執筆者

武藤 和也

Kazuya Muto

パーソナルスタイリスト匠

某アパレルショップにて個人売り上げ全国トップののちに、パーソナルスタイリストの資格を持ったプロ集団、ファッションレスキューに所属。
総数2000人を超えるスタイリングを行い新宿高島屋常駐や数々の映像企画のスタイリング経験を持つ。
現在は現場にも立ちながら、大学、専門学校の教壇に立ち、スタイリストの育成も行っている。20代~50代の今の時世や流行をふまえた、その世代その人となりの品格を活かすスタイリングを提案する。
>>プロフィール詳細

Profile Picture