変わらない価値

あらためまして、
新年、明けましておめでとうございます。

いただきました、たくさんの年賀状。
拝読させていただきました!ありがとうございました!(^_^)
近年では送る人も少なくなったとか。
メールなどでも新年のご挨拶を無くしてしまう傾向にあるそうです。寂しく感じます。
新年の静かな時に年賀状をみると、
その方と過ごした時間や人柄を感じますから僕は好きです。

デジタルなものに比べて情報量も少なく、効率さ、コスパでは劣ると言われますが、
「変わらない価値」がそこにはあります。

それは洋服も同じこと。
普遍的なものの中に魅力があるということ。

日々変わるスタイルなかで、自分自信がこれだと思うスタイルを確立させること。
表面的でわかりやすいものやお得なものが本当に自分にとって大切な物なのか、スタイルなのかを考えて見抜く力、
「変わらない価値を見抜く力」が大切なんだと思います。
またその感じ方が情緒になり、古き良き日本の文化として感じます。

そんな装いの文化を継承するべく、パーソナルスタイリングスクールYoSoOiは洋服を通して人に役立つ人材を育成・発掘をします。

いただいた年賀状は、
手書きの便りと僕の教え子の成長便りと写真家の作品です。
昨年、この方々と過ごした時間が良いものあり間違ったものではなかったとあらためて感じたお正月でした。

本年もどうぞよろしくお願いします!(^_^)

記事の執筆者

武藤 和也

Kazuya Muto

パーソナルスタイリスト匠

某アパレルショップにて個人売り上げ全国トップののちに、パーソナルスタイリストの資格を持ったプロ集団、ファッションレスキューに所属。
総数2000人を超えるスタイリングを行い新宿高島屋常駐や数々の映像企画のスタイリング経験を持つ。
現在は現場にも立ちながら、大学、専門学校の教壇に立ち、スタイリストの育成も行っている。20代~50代の今の時世や流行をふまえた、その世代その人となりの品格を活かすスタイリングを提案する。
>>プロフィール詳細

Profile Picture